抵当権と住宅ローン完全ガイドへようこそ

このサイトは、抵当権と住宅ローンについて考えている方への情報提供サイトです。


なぜ、あなたは抵当権と住宅ローンについて情報を集めているのですか?

  • 抵当権抹消を自分でやる方法を調べている
  • 住宅購入時の抵当権と住宅ローンの説明が、よくわからなかったので調べている
  • 根抵当権(ねていとうけん)とは何か? 根抵当権と抵当権の違いを調べている

  おそらく、上の3つのどれかの理由で、抵当権を調べているのではないでしょうか。

  抵当権という言葉は、普段の暮らしには、まったく登場しません。

  ましてや、根抵当権(ねていとうけん)という言葉は、銀行から初めて聞いた、という方がほとんどだと思います。

  したがって、多くの方がこの言葉に違和感を覚えるのは当然のことと思います。
  しかし昨今、「知らなかった」ではすまされない世の中になってきました。

  インターネットにより、ちょっとした情報は誰でも瞬時に入手できる時代だからです。
  そこで抵当権の中でも、次の人たちが使われるものを対象に解説することにしました。

  住宅ローンを組んだことのある人。
  あるいはこれから住宅ローンを組もうとしている人。

  自営業者さんなどで銀行から事業資金を借りたことのある人。
  あるいはこれから借りようとしている人。

  この様な人たちにとって、関係のある

抵当権抹消 ご自分で抵当権を抹消する方法について

抵当権設定 住宅ローンなどで、初めて聞かされた抵当権とは何かについて

根抵当権 根抵当権とは何か、抵当権と根抵当権の違いについて

住宅ローンの基礎知識 住宅ローンの審査、金利、返済等についての解説

家づくりの基礎知識 住宅会社の選び方や営業マンの見極め方についての解説

の5つを中心に説明していきます。

~コラム 抵当権(ていとうけん)という言葉の由来 ~


抵当権という言葉の「抵当(ていとう)」は、江戸時代から使われていた言葉です。

「抵当」の「抵」という字の本来の意味は「何らの基準」ということです。

例えば「抵抗」なら、何らの基準に逆らう、抗う(あらがう)ことを意味します。

「抵触」といったら、何らの基準に触れる、触れていることを意味します。

「大抵(たいてい)は○○」といったら、多くは基準の通りという意味です。

このように「抵」とは、何かを基準をさす言葉なのです。


「抵当」の「当」という字の本来の意味は「ぴったりあう」ということです。

例えば「予想が当たる」といったら、予想がぴったり、予想通りということです。

「順当」といったら、予想した順番に結果がぴったりあっている、ということです。


そして「抵」という言葉の意味と「当」という言葉の意味をあわせると、

「何らの基準」に「ぴったりあう」という意味になります。

つまり抵当とは「基準に一致している、基準相当である」ということなのです。


この「抵当」という言葉の意味を、住宅ローンにあてはめてみます。

住宅ローンにおける抵当権とは、

「借りたお金と、借りたお金が払えなかった時に取られてしまう住宅の金額が、

ぴったり一致している権利」という意味になるのです。

このため住宅ローンを組むときに、「抵当権」という法律が使われるのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ