ローンから見た損をしない物件選びのコツ

ローンを利用して住宅を購入する場合は、資産価値の下がりにくい物件を選ぶことがとても大事です。

現金一括で住宅を購入できるほど余裕のある人なら、自分の好みで好きな住宅を好きなように購入すればよいでしょう。

しかしローンを利用して購入するのなら、その住宅はあなたにとってかけがえのない一生の大切な資産となります。

ですから自分の好みよりも、購入する住宅に資産価値があるのかどうかを検討することは、とても大事なのです。

これから人気が出そうなエリアを選ぶ

住宅は資産になるといっても、建物は時間の経過とともに資産価値がどんどん下がっていきます。

これはどんな高級住宅であっても例外はありませんから、仕方がありません。

しかし土地というのは、時間が経過したからといって資産価値が下がるわけではありません。

したがって住宅の価値というのは、ほとんとが「土地」「場所」なのです。

しかし今現在、人気のあるエリアに住宅を購入しようとすると、すでに値段が高くて購入することはできません。

そこで狙うべき場所というのは、今は安いがこれから人気が出そうなエリアです。

今現在人気のある場所というのも、実は30年前は山を切り開いたばかりの、閑散とした住宅地であったはずです。

それが人が移り住んできてショッピングセンターができて、立派な道路ができてバスや鉄道が延びてきて人気エリアになったのです。

ですから狙うべき場所というのは、30年先を見据えて考えるのです。

もし行政が10年計画で道路や鉄道やバスの延長を考えているエリアでしたら、道路や鉄道やバスがくれば必ず人気エリアになって資産価値が上がります。

今は何もないところだからよくない場所と考えるのではなく、これからどのような場所になっていくのかをよく見据えて、エリアを決めることが大切です。

行政が地域開発についてどのように考えているかを知るために、市町村の広報誌をよく読んだり、市町村の相談コーナーに聞きに行くなどして、積極的に情報収集を行いましょう。

自分の一生に大きな影響を与える買い物ですから、それぐらいの手間をかける価値は十分にあります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ