住宅ローン借り入れ限度額の計算方法

金融機関が住宅ローンの借入限度額を決める場合「返済負担率」という計算方法を使って算出しています。

返済負担率とは、税込み年収からローンの返済負担率を決めることによって、いくら借りられるかを計算することです。

わかりやすく説明すると、1年間に年収の30%を返済するとして、それを35年続ける場合は、

税込み年収×30%×35年=借入限度額

として、借入限度額までお金を貸すことができますよ、と計算することです。

このときの「何十%」のことを、返済負担率といいます。

ローン会社がよく「お客様の場合、○○万円まで貸し出せますよ」というのは、この返済負担率に基づいて計算して言っているのです。

決してあなたの生活状況を総合的に考えて言っているわけではありませんので、そのへんは注意してください。

返済負担率は、年収に応じて金融機関が独自に決めています。

・年収300万円以下      →返済負担率25%以内
・年収300万円超400万円以下→返済負担率30%以内
・年収400万円超       →返済負担率35%以内

主な金融機関の返済負担率は、上記のような数字になっています。

借りられる額より返せる額で決める

借入限度額は返済負担率から計算するよりも、現実に支払っている住宅関連費から借入可能額を計算した方がよいでしょう。

わかりやすく言うと、1年間の住宅関連費と1年間のローン関連費が同額なら、今と変わらない生活をしたままローンを組むことができます。

・年間住宅関連費=年間家賃支払額+年間駐車場代+年間住宅用貯蓄額

・年間ローン負担=年間ローン返済額+年間管理費+年間固定資産税+年間駐車場代

このとき、年間住宅関連費≧年間ローン負担、となっていれば理想的です。

そして理想的な状態にするためには、頭金を増やしたり親から資金提供を受けるなどすることが必要かもしれません。

どちらにしても借入限度額は、上記のように年間住宅関連費と年間ローン負担から計算するほうが賢明です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ