住宅ローンの借り換え方法と注意点

  住宅ローンの借り換えは、毎月のローン支払額を今より少なくするのが目的です。

  今より有利な条件の住宅ローンを新たに借り、以前のローンを一括返済して、毎月のローン支払額を減らします。

  毎月のローン支払額をより少なくするため、今より金利の低い住宅ローンに借り換えなくてはなりません。

  もし住宅ローンを借り換えたときの金利差が大きいほど、またローン残高が多いほど、毎月のローン支払額は大きく減ります。

借り換えで得をするケースとは?

①住宅ローン残高が1000万円以上ある

②返済の残期間が10年以上ある

③金利差が1%以上ある

  この3つの条件をクリアしていれば、毎月のローン支払額が減る可能性は高くなります。

  しかし住宅ローン金利が低ければ、とにかく借り換えをすれば得をする、というわけではありません。

  なぜなら住宅ローンの借り換えには、様々な諸費用が必要だからです。

  住宅ローンの借り換えは、新たにローンを組むのと同じ事です。

  初めて住宅ローンを組むときと同じ手続きと諸費用が必要になります。

  住宅ローンを借り換えてみても、諸費用(抵当権抹消費用、登録免許税、司法書士手数料、保険手数料、印紙代など)が高くついたせいで毎月の支払額はあまり減らずに、結局損をしてしまうことはあります。

  つまり住宅ローンの借り換えは、これにかかる諸費用を支払っても、メリットがあるか見極めることが重要です。

借り換えの手順

  以下の順番で住宅ローンの借り換えは行われます。

① 借り換え先となる住宅ローンを選ぶ
② 借り換えの相談をしてみる
③ 申込、審査
④ 現在返済中の金融機関へ全額繰上返済の申込
⑤ 契約締結
⑥ 融資・抵当権設定
⑦ 旧住宅ローンの完済

・必要書類

①所得を証明する書類(所得証明や給与明細)
②住民票、健康保険証
③旧住宅ローンの契約書
④重要事項説明書
⑤登記簿謄本、平面図、敷地測量図等

  住宅ローン借り換えの必要書類は、金融機関によって異なります。

  これらは、申し込みの金融機関に確認するようにしましょう。

借り換え時の注意点

「キャンペーン金利3年固定1%」という広告ならば、借り換え条件にあてはまる方は多いかもしれません。

しかし、このような条件には注意してください。

金利の固定期間は3年しかありませんから、3年後は変動金利で大幅に金利が上昇する可能性もあるからです。

3年後の金利は約束されていないことを、忘れないようにしましょう。

また、公的ローンから民間ローンへの借り換えはできますが、民間ローンから公的ローンへの借り換えはできません。

つまり公的ローンを民間ローンに借り換えたら、2度と公的ローンには戻れないということも覚えておきましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ