固定金利の特徴

金利には大きくわけて「固定金利」「変動金利」「固定期間選択型金利」の3種類があります。

固定金利は、借入当初に決められた金利が、返済を終えるまでずっと変わりません。

そして、変動金利に比べると契約当初の金利は高くなっています。

・固定金利の長所

→将来にわたってずっと金利が同じなので安心して返済計画が立てられる
→将来金利が上昇しても、支払額は同じなので影響を受けない

・固定金利の短所

→当初金利が変動金利より高い
→もし将来もっと低金利になった場合、変動金利の方が支払額が安いので損をする

固定金利には、上記のような特徴があります。

ということは、これから金利が上昇しそうなら固定金利を選んだ方がよいですし、これから金利が下降しそうなら変動金利を選んだ方がよいということです。

実際、バブル崩壊からひたすら金利が下降してきましたから、ここ20年ぐらいは固定金利より変動金利の方が得だったということになります。

しかし民主党から自民党へ政権交代がされたことにより、今後も低金利が続くのかどうなのか予測は難しいところです。

ここらへんが最後の低金利だと思えば、長期固定金利による返済が有利ということになります。

「フラット35」という長期固定金利商品

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利住宅ローンです。

フラット35は35年間金利固定の長期ローンで、固定金利ですが金利も低く、保証人や保証料が不要というメリットがあります。

また長期有料住宅の場合、フラット50という長期固定ローンもあります。

フラット35はについての詳細は、下記HPをご覧ください。
フラット35 http://www.flat35.com/index.html

フラット35はきわめて便利な商品ですが、どんな方にとっても有利であるとは限りません。

たとえば25歳の夫婦がフラット35を利用するなら、とてもよい選択だといえます。

なぜなら60歳でちょうどローンを終えることができ、低金利により毎月の支払額を抑え、それでいて支払額も一定のため生活やレジャーの計画もたてやすくなります。

これに対して45歳の夫婦であるなら、35年もかけてローンを組む必要はないでしょう。

むしろ収入のなくなった定年後もローンの支払いが続くため、あまりよい選択とはいえません。

これぐらいの年齢の方なら、変動金利の民間ローンで早く支払いを終えてしまった方が有利です。

固定金利を利用するかどうかは金利の上昇下降だけでなく、年齢や生活状況など自分たちの置かれている状況を総合的に判断すべきなのです

スポンサードリンク

このページの先頭へ