抵当権抹消について

  抵当権抹消とは、不動産などに付いている、抵当権を外すことです。

  抵当権解除、抵当権消滅、抵当権放棄とよぶ場合もあります。

  住宅ローンなどを完済すると、金融機関から抵当権抹消に必要な書類一式が送られてきます。

  これらの書類一式をを用いて、土地や建物などの不動産に設定されている抵当権を抹消する手続きをします。

  抵当権の抹消もしくは解除をしないで放置しておくと、その不動産を売却することができなくなったり、新たな融資を受けることができなくなってしまうこともあります。

  もちろん抵当権を抹消していないから、住宅ローンを返していないということではありません。

  抵当権の抹消に関係なく、住宅ローンの返済が終わったのは事実なので、それは大丈夫です。

  ただ抵当権を抹消しないと、あとあと不動産の売却や何かをするときに、面倒なことになるのです。

  つまり、不動産の持ち主にとっては、抵当権抹消は必要な事なのです。

  しかし、お金を貸していた金融機関には、もう抵当権は必要ありません。

  そして金融機関には、抵当権を抹消する法律上の義務もありません。

  そのため金融機関が、抵当権抹消に関する書類をある程度まで整えてくれるのは、おまけサービスです。

  ですから金融機関から交付された書類の中には、有効期間が3ヶ月のものがあったりします。

  書類の有効期間の3ヶ月が過ぎてしまうと、その書面を再発行してもらうのに手間がかかったり、別途お金がかかることがあります。

  また書類の有効期間が3ヶ月といっても、それは書類の発行日から3ヶ月を意味します。

  金融機関によっては、残りの有効期間が1ヶ月ぐらいしかない書類を渡すところもあります。

  ほとんどの方にとって、住宅ローンは一生に一度きりです。

  したがって住宅ローンを返し終わったあとの金融機関の対応は、なんとなく素っ気ないものなのです。

  住宅ローンを借りるときの、いたれりつくせりのサービスとはどうしても異なります。

  また抵当権抹消をせずに放置しておくと、お金を借りていた金融機関の合併、商号変更、代表者の交代などにより、別の証明書が必要になるなど、とても面倒になることがあります。

  こうなると自分で抵当権を抹消することはちょっと難しく、専門家へ依頼する必要性がでてきます。

  そして、専門家への依頼は費用が発生します。

  抵当権抹消でお金を使いたくない方は、金融機関から書類をもらったらすぐに抵当権抹消の手続きをすることをお勧めします。

金融機関からもらえる書面の解説

①解除証書または弁済証書

  解除証書または弁済証書とは、住宅ローンの返済が終わりましたので、抵当権を抹消してもいいですよ、という書類のことです。

  そして書面内に空欄部分がある場合には、以下のような言葉を記入しなければなりません。

・「抵当権を解除」
・「弁済により消滅」
・「抵当権を放棄」

  金融機関の書面は書き損じを訂正できないタイプの書類であることも多いので、どこに何を書くのか事前に金融機関にお問い合わせいただくことをお勧めします。

②抵当権設定契約証書

  「抵当権設定契約書」とは、住宅ローンを組んだことを証明する契約書のことです。

  この抵当権設定契約証書に、「抵当権を解除しました」というスタンプが押してあることがあります。

③代表者事項証明書または登記事項証明書

  「代表者事項証明書」または「登記事項証明書」とは、住宅ローンを組んだ会社が今も存在している、ということを証明するための書類です。

  この書面は発行から3ヶ月以内しか使用できません。

  それを過ぎると、法務局にて1通1000円を払い、自分で取得しなければならないので注意が必要です。

④委任状

  委任状とは、住宅ローンを組んだ金融機関が、抵当権抹消を自分に代わって誰かにお願いするための書類のことです。

  本来であれば、金融機関の代表者とお金を借りた人がそろって法務局へ出向き、抵当権抹消の登記申請を行わなければなりません。

  しかし現実的には、会社の代表者が法務局に出向いて抵当権抹消手続きに対応することはできません。

  そこで金融機関としてはローンの完済を受けたので、「お金を借りた人に登記申請をお任せします」という書面を発行します。

  これによって、不動産所有者のみで抵当権を抹消することが、法律で認められています。

  もしご自分で抵当権を抹消されるなら、委任状は「金融機関が自分に抵当権抹消を委任した」という意味になります。

  抵当権抹消を専門家に依頼するなら、委任状は「金融機関が専門家に抵当権抹消を委任した」という内容になります。

抵当権抹消を自分でする方法は、当サイト左メニューの「抵当権抹消メニュー」を順番にご覧ください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ