根抵当権と抵当権の違い

  抵当権とは、お金を借りて、お金が返せなくなったときは家や土地を競売にかけて、お金が回収されますよ、というものです。

  お金を借りたら抵当権を設定し、お金を返したら抵当権を抹消します。

  根抵当権とは、お金を何度借りても返しても、上限金額の範囲内ならそのつど抵当権を設定したり抹消したりせずにずっとそのままにしている抵当権のことをいいます。

  これ以外に抵当権と根抵当権には、まだまだいくつもの違いがあります。

抵当権の対象となる債権は特定されているが、根抵当権の対象となる債権は特定されなくてよい

  債権とは、金融機関が誰かにお金を貸していて、そのお金をいつか返してもらいますよ、という意味です。

  この「お金を返してもらえる権利」のことを債権、といいます。

  そして抵当権ではこの「お金を返してもらえる権利」というのが、何月何日に1000万円貸しました、というように決まっている必要があります。

  ところが根抵当権では、この「お金を返してもらえる権利」というのが、日にちや金額で特定される必要はないのです。

  根抵当権ではこの債権を「銀行取引」とか「売買取引」というように表現します。

  なぜなら根抵当権はお金の貸し借りを何度も繰り返すのに、抵当権を設定したり抹消したりしないからです。

  つまり、いつお金を借りていつお金を返すのかがまだ決まっていなくても、先にお金が返せなくなったときの保証として家や土地をさしだしておきますよ、というものが根抵当権だからです。

抵当権の移転はお金を借りた人の承諾は不要、根抵当権の移転はお金を借りた人の承諾が必要

  抵当権を移転するのに、お金を借りた人の承諾は不要です。

  抵当権の場合は借りた金額や返す日にちはすでに決まっており、お金を返す相手が変わるだけだから、お金を借りた人にとってそんなに不利益はないからです。

  これに対して根抵当権を移転する場合は、お金が返せなくなったときの保証として家や土地をさしだす人の承諾が必要です。

  なぜなら根抵当権は、借りる金額や返す日にちが決まっていないからです。

  たとえば全国的に有名なA銀行からお金を借りるつもりで根抵当権を設定したところ、突然A銀行からちょっとコワイ雰囲気のあるB商事に相手がかわったとします。

  すると今度はB商事と話し合いをして、いくら借りるのか、利息はいくらか、いつ返すかなどの話し合いをしなければなりません。

  こちらとしては有名だから安心感のあるA銀行と話し合いをするつもりが、こちらの承諾もなく突然コワイB商事に変わってしまうと、とても困ってしまいます。

  そのため、根抵当権の移転には根抵当権設定者の承諾が必要とされているのです。

抵当権の債務者は「連帯債務者」が認められるが、根抵当権の債務者に「連帯債務者」は認められない

  連帯債務者とは複数人でお金を借りるが、返済はそれぞれの人に満額の返済義務があるというものです。

  たとえばA銀行が、BさんCさんDさんの3人を連帯債務者として1000万円を貸したとします。

  A銀行の貸した金額は、全部で1000万円です(3000万円ではありません)。

  お金を借りたBさんCさんDさんは、3人で1000万円を自由に使います。

  そしてA銀行はお金を返してもらうときに、BさんCさんDさんに対して1000万円までなら、誰にいくら請求してもよいのです。

  Bさんに1000万円の返済をもとめて、CさんDさんにはなにも言わなくてもよいですし、Bさん200万円、Cさん500万円、Dさん300万円、の返済をもとめてもよいのです。

  BさんCさんDさんはA銀行から請求されたら、1000万円まではとにかく払う義務があるのです。

  もちろんA銀行は、1000万円以上のお金を受け取ることはできません。

  ただA銀行は、1000万円までなら3人のうち誰からいくら返してもらってもよいのです。

  このようなBさんCさんDさんの状態のことを「連帯債務者」といいます。

  よく「連帯保証人」という言葉を聞きますが、実は「連帯保証人」と「連帯債務者」は法律的にはほとんど同じなのです。

  連帯保証人と聞いたら、上記の連帯債務者と同じである、と覚えておきましょう。

  この「連帯保証人」「連帯債務者」も、日本経済を活性化させるために考え出された法律なのです。

  そしてこの「連帯債務者」は、抵当権では認められますが、根抵当権では認められません。

  抵当権はいくらお金を貸すのか、返すのはいつなのかが決まっています。

  これに対して根抵当権はいくらお金を貸すのか、返すのはいつなのかはまだ決まっていません。

  したがって借りたお金はいくらなのか、返すのはいつなのかもわからない状態で「連帯債務者(連帯保証人)になってください」と友人から頼まれても、普通の方は返事ができないと思います。

  「銀行からいくら借りるかまだわからないけど、連帯保証人になって。お願い!」と頼まれても、借りる金額がわからなければ、頼まれたほうも自分が払えるかどうかわかりませんから、保証人になることをOKできるはずがありません。

  そのため根抵当権では「連帯債務者(連帯保証人)」は認められていないのです。

  (上記はあくまで登記法上の解釈で、実体法では根抵当権の連帯債務者もありえます)

スポンサードリンク

このページの先頭へ