住宅ローンと離婚問題

住宅ローン返済中に離婚しようとすると、大変やっかいな問題となります。

まずマイホームが夫名義でローン支払者も夫名義の場合の離婚を考えて見ましょう。

マイホームを結婚後に購入したのであるなら、マイホームは夫と妻の共有財産となりますから、離婚時には家を売却して現金でわけるか、妻は夫から家の半額分のお金を財産分与として受け取ります。

そして支払いの残っているローンも、夫と妻の2人で分け合うことになります。

しかしマイホームを売却してもローンは残ることがほとんどですから、結局妻は売却後のローン残額の半分だけの支払い義務を負います。

しかし妻としてはそんな支払い義務だけ背負わされては嫌ですから、マイホームもローンもすべて夫が引き取ることになります。

夫には安定した仕事と収入がありますから、ローンはきちんと完済できるでしょうし、再婚もしやすいでしょう。

こうなると妻側はおもしろくないのですが、かといって今の時点で家を売却しても借金しか残らないので、手の打ちようがありません。

それならば財産分与で現金を多めにとろうとしても、夫は正当な権利を主張して現金を多めに出すことはしませんし、そもそもローン返済中の人は預貯金をあまりもっていません。

よって、離婚はもめることになります。

次に、夫婦共同で住宅ローンを支払っている場合の離婚を考えてみましょう。

夫婦共同でマイホームを購入し夫婦共同で住宅ローンを支払っているのなら、マイホームも住宅ローンの支払い義務も夫婦半分ずつということになります。

そしてマイホームを売却してもローンは残ることがほとんどですから、売却しても意味がありません。

それならば夫婦のどちらかがマイホームもローンの残りもすべて引き取るとしても、返済能力の低い人はローンを引き取ることができませんので、マイホームは手に入りません。

また離婚によってローンはどちらか一方が引き取ることになっても、そんなことはローン会社には何の関係もありません。

離婚しようがどうしようが、一人がローンを支払えなければ、もう一人はローンを支払わなければならないのです。

離婚したからといって、支払い義務から逃げられるわけではないのです。

これらの問題に、有効な解決策というのは、今のところありません。

とにかくローン返済中の離婚は本当に大変である、ということを覚えておいてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ