最適な住宅ローンの選び方

どの住宅ローンがその人にとって最適なのかは、その人の生活環境やライフスタイルによって異なってきます。

しかしそうはいっても、多くの人が住宅ローンを決めるときに基準となる基本的な考え方はありますから、その基本の考えを理解した上で、いろいろな住宅ローンを検討することが大事です。

住宅ローンを考えているのなら「フラット35」を必ず一度は検討するようにしてください。

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利住宅ローンです。

フラット35は35年間金利固定の長期ローンで、固定金利ですが金利も低く、保証人や保証料が不要というメリットがあります。

フラット35は、特に若い人に向いています。

25歳でフラット35をはじめれば、定年退職の時にはローンが終了します。

また支払額がずっと一定のため、若いうちは節約生活を心がけて暮らします。

そして年齢とともに自分の給料が上昇しても支払額は一定ですから、暮らしはどんどん楽になります。

つまり若いうちにフラット35を利用してきちんと生活ができるのなら、住宅ローンで人生を失敗することはほとんどないのです。

フラット35はについての詳細は、下記HPをご覧ください。
フラット35 http://www.flat35.com/index.html

もし勤務先に財形住宅融資があるなら、利用を検討した方がよいでしょう。

財形住宅融資とは、財形貯蓄をしている勤労者に対して融資する制度です。

財形貯蓄には「一般財形貯蓄」「財形住宅貯蓄」「財形年金貯蓄」の3種類があります。

融資限度額は「財形貯蓄残高の10倍」「最高4000万円」「住宅購入価格の80%まで」「毎月返済額が月収の25%以内」のうちの一番少ない金額のどれかになります。

勤務先に財形貯蓄制度があるなら、フラット35とあわせて必ず検討するようにしましょう。

そして上場企業に勤めていたり公務員であったりする場合は、「フラット35」「財形住宅融資」に加えて、自分の勤めている会社がメインバンクとしてる銀行の変動金利や固定期間選択型金利を検討してください。

勤めている会社のメインバンクとなっている銀行は、会社のことをよく知っていますから、住宅ローンの審査もスムーズに進みますし、平日に勤務先で書類の受け渡しもやってくれるので手続きも便利です。

勤務先が金融機関と縁がなかったり自営業者の方の場合は、いつも自分が普段の暮らしで利用している銀行の住宅ローンから確認していきましょう。

どの銀行であってもキャンペーン金利はやっていたり、フラット35を提携利用できたりしますから、まずはなじみのある銀行から確認するとよいでしょう。

転職した人、女性専用、契約社員の人の住宅ローン

現在は転職により勤続年数が短かったり、正社員ではない勤務形態も増えてきました。

今まではこのような方の住宅ローン利用は難しかったのですが、最近は条件の枠を広げて個別対応してくれる金融機関が増えました。

どの金融機関でも「年収」「勤続年数」「正社員かどうか」の3つは必ずチェックされます。

しかしある銀行では「年収100万円以上」「勤続1年以上」「契約社員」であっても住宅ローンを契約してくれます。

このような場合は年収が少ないことから融資限度額は少ないのですが、それでも住宅ローンを利用できるのです。

最近はデフレによって住宅価格も下がっていますから、低価格で住宅を購入することは十分可能な時代です。

ですから年収が低い方でも、住宅ローンを利用してマイホームを手に入れることは十分可能な時代になったのです。

自分の年収や正社員でないことが気になるのなら、金融機関にそのような住宅ローンがないか確認してましょう。

また、単身女性のための住宅ローンというのもあります。

床面積が30㎡以上あって、年収が100万円以上で勤続1年以上あれば、派遣社員でもOKの住宅ローンもあります。

つまり、女性が自分で住むためのワンルームマンションの購入でも利用できるのです。

この女性専用の住宅ローンには、出産時や育児時には金利優遇措置などがあり、うれしい特典がついていることもあります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ