住宅ローン返済の資金計画の立て方

人生の最大支出は「住宅資金」「教育資金」「老後資金」の3つです。

そのため住宅ローン返済の資金計画を立てるには、限られた収入を上記の三大支出にどれだけ振り分けるのか、を決める必要があるのです。

収入には、誰でも上限があります。

そのため「立派な家に住みたい」「子供には海外留学させたい」「老後はリッチに暮らしたい」という希望をすべてかなえることは不可能なのです。

つまり若いうちに無理な住宅ローンを組んでしまったあとに、子供の教育費にお金を使いたいと思っても、もうできないのです。
ですからローンを組む前に、自分の価値観に応じた三大支出のバランスを考えた上で、ローンでいくら借りるのかを決めなければならないのです。

まずサラリーマンの方で老後の暮らしを安定させたいと思うのなら、定年退職までには住宅ローンを完済できるような設定が必要です。

退職金等もあてにできない時代ですから、両親からの贈与なども利用して早めに住宅ローンを終わらせることが大事です。

家賃を支払っている方は、家賃より住宅ローン返済額が多くなってしまうと、子供の教育費にお金をかけることは難しくなるかもしれません。

そのため子供に教育費をかけたいのであれば、家賃より支払額の多いローン返済は避けるべきでしょう。

このようなことは、夫婦がどのような人生を送りたいのか自由に選択できるわけですから、よく話しあって人生設計をすることが大切です。」

新築一戸建ては建物価格より2割程度多めに資金を用意

住宅を購入するときには建物以外に、諸経費がかかります。

新築一戸建ての場合、建物本体価格と書いてあるのは家だけの値段です。

新築一戸建て購入すると、駐車場や玄関などの外構工事、ガス電気水道工事、ローン手続きや税金の諸費用などで2割程度は追加費用が必要です。

そのため新築一戸建てで資金計画を立てるときは、必ず建物本体価格より2割程度多めの資金が必要であることを覚えておきましょう。

これに対して新築マンションや建売住宅はできあがった完成品を購入するので、物件価格の3%から5%程度の追加費用を考えておけば十分です。

中古物件の場合は仲介手数料やクリーニング代が必要になりますので、よく確認しておきましょう。あとで粗大ゴミの処理に思わぬ費用がかかってしまったという話もあります。


ボーナス返済はよく考えて決める

ボーナス返済を利用すると、毎月の返済額が少なくてすみます。

ボーナス返済は、借入額の5割まで(公的ローンは4割まで)利用することができます。

ただしボーナス月には、ボーナス返済分+毎月返済分の両方を支払わなければならないとういうことを、よく覚えておいてください。

最近はボーナスが昔ほどあてにならなくなってきているので、ボーナス返済比率は慎重に決めたいところです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ